メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会支部予選 来月6日熱戦開幕 /新潟

 第139回北信越地区高校野球県大会(県高野連など主催)の支部予選組み合わせ抽選会が28日、新潟市中央区の施設で行われた。来春のセンバツ大会を目指した新チームの熱い戦いが始まる。

     大会は北支部(38チーム)、南支部(36チーム)に分かれて予選を行う。支部予選は、9月6日に新発田市の五十公野公園野球場など6球場で開幕、84校74チームが出場する。

     予選を勝ち抜いた各支部8チーム計16チームは9月15日開会式、16日から試合が始まる県大会に出場。県大会はトーナメント形式で行われ、出場16チームが再度、抽選し対戦相手を決める。決勝と、準決勝の敗者による順位決定戦は9月23日に行われ、この4チームが北信越大会に進む。

     来春のセンバツ出場校選定の重要な参考資料となる北信越大会は、10月13、14、20、21日の日程で本県のハードオフエコスタジアム(新潟市中央区)など3球場で開催される。来春の第91回センバツ高校野球大会での北信越地区からの出場枠は2校とされている。【北村秀徳】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト