メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校軟式野球

河南の右腕・山岸立ち直らせた捕手の仲村

 全国高校軟式野球選手権準決勝(28日・兵庫県の明石トーカロ球場)

     ▽準決勝

    河南(大阪)

    000101000◆2

    000000000◆0

    上田西(北信越・長野)

     大胆なリードが的中した。河南の先発右腕・山岸は制球が定まらず、立ち上がりからピンチが続いた。立ち直らせたのは、2年生捕手・仲村の好判断だ。

     二回に先頭を四球で歩かせ、1死三塁で8番・木場田を迎えた。3ボール1ストライクからの5球目。「どうやって嫌な流れを断ち切るか」。仲村は四球覚悟で思い切って外すサインを出すと、スクイズと勘違いをして飛び出した三塁走者を挟殺。中盤以降は変化球から直球主体の配球に切り替え決定打を許さず、完封勝利に導いた。

     今春からマスクをかぶる経験の浅い仲村だが、田中監督は「しっかり者で、野球をよく知っている」。チームは大阪で昨秋は3回戦、今春も2回戦敗退と低迷したが、今夏は同級生の山岸とのバッテリーを中心に勝ち上がってきた。

     打っては4番を任され、四回に先制点の足場となる中前打。「気がついたら決勝。ここまで来たら勝つだけ」と仲村。4回目の出場でつかんだ大会初勝利の勢いそのままに、昨夏王者の中京学院大中京に挑む。【長宗拓弥】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
    3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
    5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです