メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校軟式野球

健康管理でもサポート 天理コーチ早川さん

 全国高校軟式野球選手権準決勝(28日・兵庫県の明石トーカロ球場)

     ▽準決勝

    ○中京学院大中京4-0天理●

     28日の全国高校軟式野球選手権大会準決勝に臨んだ天理(近畿・奈良)のコーチ、早川光さん(19)は照りつける日差しの下、グラウンドを駆け回る選手を見つめた。前回大会で同校のエースとしてマウンドに立ったが、熱中症で無念の降板。「自分と同じ思いはさせない」。そう誓い、技術だけでなく健康管理でもチームをサポートしてきた。決勝進出はかなわなかったが、全力で9回を戦い抜いたナインに拍手を送った。

     昨夏の1回戦。序盤から足がつり、六回にはボールを握る右手もつって交代を余儀なくされ、救護室で熱中症と診断された。試合は2-4で敗退。全力を出し切れないまま夏が終わった。

     今年4月から天理大体育学部でアスリートの体調管理を学ぶ。進学とともに母校のコーチに就任。普段の練習から、部員らの表情や動きを注意深く観察し、少しでも異変を感じ取ると休ませるようにしている。

     選手らには、練習後、疲労回復効果があるとしてオレンジジュースを飲む習慣をつけさせた。「みんなしっかり食べろよ」。夏場に食が細くなり、体力が落ちて体調を崩した自身の経験から食事の量を減らさないように指導する。今夏の酷暑でも、練習や試合で熱中症によって倒れた部員はいなかった。

     「話しやすい雰囲気を作ってくれる。投手、指導者として尊敬している」。背番号1を受け継いだ別所真治郎投手(2年)は明かす。

     この日の準決勝は前年の覇者・中京学院大中京(東海・岐阜)に0-4で敗れたが、試合後に整列する選手たちを見て早川さんは言った。「よく頑張った。力は出し切った」【砂押健太】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
    4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
    5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです