メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球代表

板川、変化球で幻惑 頼れる小さな左腕(スポニチ)

アジア選手権壮行試合 高校日本代表3-7大学日本代表(2018年8月28日 神宮)

 小さな左腕が輝いた。身長1メートル73の板川は5回1死一塁で3番手で登板すると、1回3分の2を1安打無失点2奪三振と好投した。

     「イニング途中で行くのに苦手意識はない。本番に向けて良い経験ができた」。名門校育ちでタフさも武器。「全部投げないと抑えられない」とスライダーとチェンジアップに加えフォークを試した。大会使用球が滑ることを考慮して取り入れた新球。永田裕治監督は「ワンポイントで使いたいと思っていた板川が良い投球をしてくれた」と称えた。

     昨年代表で奪三振ショーを続けた田浦(現ソフトバンク)のような頼れる左腕になる気配十分。「存在感ある投手になりたい。名前を知ってもらうチャンスなので良い投球をしたい」と力を込めた。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
    3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
    5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです