メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校軟式野球

中京学院大中京・佐伯、全試合完封で優勝

【河南-中京学院大中京】完封した中京学院大中京の佐伯=兵庫県明石市の明石トーカロ球場で2018年8月29日、山田尚弘撮影

 第63回全国高校軟式野球選手権大会(日本高校野球連盟主催、毎日新聞社、朝日新聞社など後援)は最終日の29日、兵庫県の明石トーカロ球場で決勝があり、中京学院大中京(東海・岐阜)が先発・佐伯の4試合連続完封で河南(大阪)を破り、2年連続9回目の優勝を果たした。佐伯は大会史上初の前回から2大会全試合完封。中京学院大中京の連覇は校名が中京だった2011、12年に続き3度目で、優勝回数でも作新学院(栃木)が持つ大会最多記録に並んだ。4回目の出場で大会初勝利を挙げ、決勝に駒を進めた河南は終盤に粘れなかった。

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文974文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです