メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

U18アジア選手権 壮行試合 吉田初登板、無失点

 野球の第12回U18(18歳以下)アジア選手権(9月3~9日、宮崎)に出場する高校日本代表が31日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校選抜と壮行試合を行い、4-2で勝利した。

     高校日本代表は一回、野尻幸輝(千葉・木更津総合)の適時三塁打などで2点を先取。五回には野尻の右翼線適時三塁打などで2点を加えた。3番手・市川悠太(高知・明徳義塾)が五回に2点を失ったが、6人の継投で逃げ切った。九回は吉田輝星(秋田・金足農)が代表合流後、練習試合を含め、初めて登板して無得点に抑えた。

    疲労回復「自由自在に」

     高めの直球で相手のバットにかすらせもしない。吉田らしい直球が出たのは打者2人目の決め球だ。

     カウント2-2から投じた148キロ直球で空振り三振に仕留めた。初球の143キロから徐々に球速が上がり、最後は高めで空振り三振。今夏の甲子園の投球のようだった。

     打者3人、全11球が直球。登板は1回と限られた中で吉田は「変化球が生きるのも殺すのも直球」と直球の状態の確認をテーマにした。その球だけで圧倒できたのは、投げたい気持ちを我慢した日々がある。

     今夏の甲子園では計881球投げた。25日から始まった代表合宿では別メニューで調整し、疲労回復を優先させた。他の投手が練習試合などに登板する中、キャッチボールやブルペンでの立ち投げなどじっくり段階を踏んできた。そのおかげで今の状態は「春先に初めて投げたぐらいに体が自由自在に動く」と驚くほどだ。大会まであと2日。「もっと手ごわい相手になる。変化球を使って全力で投げていきたい」。日本のエースが復活を宣言した。【安田光高】


    高校日本代表

      200020000=4

      000020000=2

    宮崎県高校選抜

     (高)野尻、山田、市川、渡辺、柿木、吉田-根来、小泉

     (宮)林田蓮、戸郷、桝田、正手、源-蓑尾、松下

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです