メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

U18アジア選手権 壮行試合 吉田初登板、無失点

 野球の第12回U18(18歳以下)アジア選手権(9月3~9日、宮崎)に出場する高校日本代表が31日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校選抜と壮行試合を行い、4-2で勝利した。

 高校日本代表は一回、野尻幸輝(千葉・木更津総合)の適時三塁打などで2点を先取。五回には野尻の右翼線適時三塁打などで2点を加えた。3番手・市川悠太(高知・明徳義塾)が五回に2点を失ったが、6人の継投で逃げ切った。九回は吉田輝星(秋田・金足農)が代表合流後、練習試合を含め、初めて登板して無得点に抑えた。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文783文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです