メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球U18

吉田も初登板 宮崎高校選抜に勝利

 野球の第12回U18(18歳以下)アジア選手権(9月3~9日、宮崎)に出場する高校日本代表が31日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校選抜と壮行試合を行い、4-2で勝利した。

 高校日本代表は一回、野尻幸輝(千葉・木更津総合)の適時三塁打などで2点を先取。五回には野尻の右翼線適時三塁打などで2点を加えた。3番手・市川悠太(高知・明徳義塾)が五回に2点を失ったが、6人の継投で逃げ切った。九回は吉田輝星(秋田・金足農)が代表合流後、練習試合を含め、初めて登板して無得点に抑えた。

高校日本代表

200020000◆4

000020000◆2

宮崎県高校選抜

(高)野尻、山田、市川、渡辺、柿木、吉田-根来、小泉(宮)林田蓮、戸郷、桝田、正手、源-蓑尾、松下

吉田、言葉通りの好投

 ついに右腕・吉田がマウンドに上がった。大歓声の中、九回に登板。先頭打者に死球を与えたが、続く打者を148キロの高めの直球で空振り三振。二盗を試みた相手を刺して併殺に。最後は149キロの直球でバットをへし折り投ゴロで締めた。今夏の甲子園で881球を投げたため、25日から始まった代表合宿では疲労回復を優先。選手18人で唯一、ここまで試合に出場していなかった。「ここまでチームに迷惑をかけて、調整に時間を割いてもらった。その分しっかりいつも以上の投球をしたい」と前日に話していた吉田。言葉通りの好投だった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです