メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球U18

復活の吉田輝星 打者3人に直球だけで圧倒

 高めの直球で相手のバットにかすらせもしない。吉田輝星(秋田・金足農)らしい直球が出たのは打者2人目の決め球だ。第12回U18(18歳以下)アジア選手権(9月3~9日、宮崎)に出場する高校日本代表が31日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校選抜と壮行試合を行い、吉田は九回に登板した。

     カウント2-2から投じた148キロ直球で空振り三振に仕留めた。初球の143キロから徐々に球速が上がり、最後は高めで空振り三振。今夏の甲子園の投球のようだった。

     打者3人、全11球が直球。登板は1回と限られた中で吉田は「変化球が生きるのも殺すのも直球」と直球の状態の確認をテーマにした。その球だけで圧倒できたのは、投げたい気持ちを我慢した日々がある。

     今夏の甲子園では計881球投げた。25日から始まった代表合宿では別メニューで調整し、疲労回復を優先させた。他の投手が練習試合などに登板する中、キャッチボールやブルペンでの立ち投げなどじっくり段階を踏んできた。そのおかげで今の状態は「春先に初めて投げたぐらいに体が自由自在に動く」と驚くほどだ。

     大会まであと2日。「もっと手ごわい相手になる。変化球を使って全力で投げていきたい」。日本のエースが復活を宣言した。【安田光高】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
    4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
    5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです