メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球U18

復活の吉田輝星 打者3人に直球だけで圧倒

 高めの直球で相手のバットにかすらせもしない。吉田輝星(秋田・金足農)らしい直球が出たのは打者2人目の決め球だ。第12回U18(18歳以下)アジア選手権(9月3~9日、宮崎)に出場する高校日本代表が31日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校選抜と壮行試合を行い、吉田は九回に登板した。

     カウント2-2から投じた148キロ直球で空振り三振に仕留めた。初球の143キロから徐々に球速が上がり、最後は高めで空振り三振。今夏の甲子園の投球のようだった。

     打者3人、全11球が直球。登板は1回と限られた中で吉田は「変化球が生きるのも殺すのも直球」と直球の状態の確認をテーマにした。その球だけで圧倒できたのは、投げたい気持ちを我慢した日々がある。

     今夏の甲子園では計881球投げた。25日から始まった代表合宿では別メニューで調整し、疲労回復を優先させた。他の投手が練習試合などに登板する中、キャッチボールやブルペンでの立ち投げなどじっくり段階を踏んできた。そのおかげで今の状態は「春先に初めて投げたぐらいに体が自由自在に動く」と驚くほどだ。

     大会まであと2日。「もっと手ごわい相手になる。変化球を使って全力で投げていきたい」。日本のエースが復活を宣言した。【安田光高】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
    2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです