メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球U18

金足農・吉田 甲子園決勝以来の実戦登板 11球すべて直球(スポニチ)

 U18アジア選手権(3日開幕)に出場する高校日本代表は31日、サンマリン宮崎で宮崎県高校選抜と壮行試合を行い、4-2で勝利を収めた。甲子園準優勝右腕の吉田輝星投手(3年=金足農)は9回に実戦初登板を果たし、最速149キロをマークするなど1イニングを無失点。今夏甲子園の疲労を考慮されて別メニューで調整してきたが、不安を一掃する「日の丸デビュー」となった。

     これが久々のマウンドなのか。日の丸のユニホームに袖を通して初登板。吉田は直球だけを投げ込んだ。「ラストサムライ」が貫禄の11球だ。

     「久しぶりの実戦。とにかく全力の直球を、腕を振り切って投げられるかどうか。それができて良かった」

     甲子園決勝から中9日。最初の打者に死球を当てたが、次打者を浮き上がるような148キロ直球で空振り三振に仕留めると、二盗を狙った一塁走者も女房役の小泉が刺して一気に併殺。2死となってギアも上がった。

     最後の打者には初球から148キロ、149キロを連発。そして4球目もこの日最速タイとなる149キロの内角直球でバットをへし折り、力ない投ゴロが転がった。今夏の秋田大会から1517球を投げ抜いた。「先発完投」こそがトレードマークだが、自身初の抑え役にも冷静に対応した。

     プロ7球団のスカウトが見守った。実力に加えて、話題性も抜群だ。9回、吉田がマウンドに一歩踏み出すと、1万6000人から大歓声が湧き起こった。投球練習を終え、プレートの後方で右膝を突く。刀を抜く「シャキーン」のポーズに、拍手と歓声はさらに大きくなった。

     永田裕治監督は「この(アジア)大会で投げられないかもしれないというところから入った。とにかく一歩ずつ一歩ずつ」と話した。甲子園の激闘によるダメージは予想以上に深刻だった。東京近郊で行われた合宿では徹底して疲労回復に努め、完全別メニューでウオーキングから始め、入念なマッサージを受けた。捕手を座らせたブルペン投球は29日。「先発じゃないのでスイッチがすぐ入らないかもしれないと思った」との不安は、右手に残った手応えが払しょくしてくれた。

     大会本番では5日の1次ラウンド・韓国戦に先発する可能性がある。「先発ならば変化球も使わないといけない。もっと精度を上げたい。心理的にはどこでもできる。起用された場所で全力を出し切りたい」。日本の連覇へ、頼もしい右腕が帰ってきた。 (松井 いつき)

    吉田一問一答

     --投げ終えて。

     「短いイニングで球速も出ていたので良かった」

     --全て直球。

     「強気でいこうと思っていた。まだ感覚が完全に戻ってきていない。早く甲子園みたいに対応力を身につけたいと思った」

     --抜刀ポーズは。

     「ルーティンなんでやろうと思った。(藤原とのコンビは)100点です」

     --クローザーは?

     「とりあえず全力で投げることを意識した。あとはしっかりギアを上げていければ」

     --疲労を心配する声もあった。

     「正直、地区大会から球数は多かったけれど、あれくらいの球数(計1517球)でケガしているようでは上のステージでは活躍できないと思った。甲子園の時よりは疲れがとれて状態は上がってきている。追い込まれ出せる限界の力もあるけど、限りなく近いような自分の力が出せた」

     --次戦は本大会。

     「次は本番。手ごわくなると思う。変化球もしっかり使いたい。本番で結果を残さないと意味がない」(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
    2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
    3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
    4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです