メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県予選 新田暁、打撃戦制す 7試合雨で順延 /群馬

 第71回秋季関東地区高校野球大会県予選(県高野連主催、毎日新聞前橋支局など後援)は4日、3球場で1回戦3試合があった。1回戦の残り7試合は、降雨のため5日に順延となった。

     利根商は、榛名・富岡実・下仁田・松井田・板倉連合チームを5-0で降した。連合チームは好機で1本が出なかった。新田暁は大間々との打撃戦を制した。大間々は新田暁の11安打を上回る16安打を放ったが12残塁が響いた。【菊池陽南子】

     <桐生球場>

     ▽1回戦

    利根商

      210001001=5

      000000000=0

    榛名・富岡実・下仁田・松井田・板倉

     (利)地野-和田

     (榛)三井、貫井-渡辺

    ▽三塁打 高橋晃(利)

    ▽二塁打 狩野、地野、高橋晃(利)湯浅、三井(榛)

     <前橋市民球場>

     ▽1回戦

    大間々 002020102=7

    新田暁 00000441×=9

     (大)小林、青木-山後

     (新)籾山-糸井

    ▽三塁打 青木、浅野、山後(大)栗原(新)

    ▽二塁打 栗原、堀越(新)

     <上毛新聞敷島球場>

     ▽1回戦

    大泉 00020062=10

    渋川 00001010=2

     (八回コールド)

     (大)椿、栗田-河田

     (渋)福島、町田-大渕

    ▽三塁打 辻(渋)

    ▽二塁打 上村、関根(大)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト