メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球U18

打倒韓国に4本の矢「吉田、根尾、板川、柿木」で勝負(スポニチ)

U18アジア選手権大会1次ラウンドA組 日本15-0スリランカ(2018年9月4日 サンマリン宮崎)

 日本はサンマリン宮崎で1次ラウンド2戦目を戦い、スリランカに15-0で6回コールド勝ち。開幕2連勝でスーパーラウンド進出を決めた。5日は同じく2戦全勝の韓国と激突。エース吉田輝星投手(3年=金足農)は先発に備え、ブルペンで「打倒韓国」をイメージしながら50球の投球練習を行った。なお、B組の台湾と中国もスーパーラウンド進出が決定した。

     韓国戦の守護神は甲子園V腕で決まりだ。柿木蓮投手(3年=大阪桐蔭)はこの日の試合前練習で吉田と遠投などを行い、最終調整を終えた。今夏の選手権大会で大阪桐蔭を史上初2度目の春夏連覇へ導いた男は「日の丸を背負う以上(昨年の)先輩の分まで頑張りたい」と雪辱に燃えている。

     「吉田とも話しているのですが、2人が投げる時はバッチバチに抑えようなと言っています。投げる機会があれば、100%抑えにいきたいです」

     柿木は韓国戦へかける思いを明かした。打倒・韓国への道筋ははっきりと見えてきた。先発・吉田の後にスタンバイするのは、今秋ドラフト1位候補の投打二刀流・根尾昂内野手(3年=大阪桐蔭)、左腕の板川佳矢投手(3年=横浜)。そして最後を託されるのが柿木だ。中学時代、ボーイズ代表で韓国戦を経験した右腕が全力をぶつける。

     初戦の香港戦でサイクル安打を達成した根尾はこの日3打数無安打で途中交代。試合中にブルペン入りし、約30球を投じた。投打でフル回転の活躍が求められる。「厳しい試合になる。いつでもいける準備をしたい」と闘志をたぎらせた。(吉仲博幸)(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
    3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
    5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです