メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県大会 飯田、サヨナラ勝ち 夏4強でシードの小松破る /石川

小松打線を完封した飯田の角陽希投手=金沢市の県立野球場で、岩壁峻撮影

 第139回北信越地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)は13日、金沢市の県立野球場で2回戦3試合があり、夏の石川大会8強の飯田が、同4強でシードの小松にサヨナラ勝ちした。互いに無得点の九回、飯田は2死一、二塁で直川(ただがわ)晃大選手(2年)が右中間に適時打。大会屈指の右腕、小松・小川琳太郎投手(2年)を攻略した。

 そのほか、小松工と野々市明倫が3回戦に進んだ。【岩壁峻】

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです