メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る
秋の高校野球

県大会 観音寺総合がサヨナラ 小豆島中央、三本松も 3回戦へ /香川

 秋季四国地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞高松支局後援)は16日、レクザムスタジアム(高松市生島町)で2回戦3試合があった。

     部員不足から連合チームで臨んだ石田・笠田は終盤に追い付くも、最後は観音寺総合がサヨナラ勝ち、小豆島中央は序盤から小刻みに加点し琴平に、三本松が高松第一を1安打に抑え込むなど投打で圧倒し、それぞれコールドで快勝して3回戦進出を決めた。【潟見雄大】

     ▽2回戦

    【レクザムスタジアム】

    石田・笠田

      000000100=1

      000001001=2

    観音寺総合

     (石)久保、森-原内

     (観)成行-海東

    ▽二塁打 横内(観)

    小豆島中央 1010322=9

    琴平    0001100=2

     (七回コールド)

     (小)須浪拓、古市、河原、本多-三宅、中西

     (琴)加藤-細谷

    ▽三塁打 坂下、新川、本多(小)

    ▽二塁打 本多(小)

    三本松  0201122=8

    高松第一 0000000=0

     (七回コールド)

     (三)上杉、香西-吉田

     (高)穴吹、村上-荒元

    ▽二塁打 武山(三)久米川(高)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト