メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る
秋の高校野球

センバツへの道 崇徳・呉・広陵・広島新庄、ベスト4決まる /広島

 秋季県高校野球大会兼秋季中国地区大会県予選(県高校野球連盟主催、毎日新聞広島支局など後援)は6日、みよし運動公園野球場と呉市二河球場で準々決勝4試合があった。崇徳▽呉▽広陵▽広島新庄--が4強入りを果たした。

     準決勝は7日、みよし運動公園野球場で、午前10時から広陵-広島新庄、午後0時半から呉-崇徳が対戦する。上位3校は26日に岡山県倉敷市で開幕する中国地区大会に出場する。【小山美砂】


     ▽準々決勝

     【呉二河】

    崇徳 3030140=11

    尾道 0020010=3

     (七回コールド)

     (崇)和田、藤田-池上

     (尾)井上、藤井、滝本-板垣

    ▽三塁打 野田(崇)中津(尾)

      130100100=6

      200000000=2

    西条農

     (呉)沼田仁-秋山

     (西)大田、田村-橋本

    ▽三塁打 塩田(呉)

    ▽二塁打 塩田、上垣内(呉)常広2(西)

     【みよし運動公園】

    広陵

      112001001=6

      200110000=4

    武田

     (広)河野、石原-鉤流

     (武)谷岡-郷地

    ▽三塁打 金澤、藤井、中村(広)

    ▽二塁打 小野2、谷岡(武)

      004010000=5

      01021120×=7

    広島新庄

     (広)渡辺-淀河内、角原

     (新)桑田、永野-木村

    ▽三塁打 織田(広)

    ▽二塁打 大林、渡辺(広)木村2、永野(新)

    毎日新聞のアカウント

    3月25日の試合

    話題の記事

    関連サイト