メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季中国地区高校野球大会

あす開幕 県勢3校意気込み 岡山・倉敷 /鳥取

第131回秋季中国地区高校野球大会の組み合わせ

 来春の第91回選抜高校野球大会の出場校選考の際の重要な資料となる第131回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は26日、岡山県倉敷市で開幕する。県内からは鳥取城北、米子東、鳥取商が出場する。3校の戦力や意気込みを紹介する。

    夏の選手中心に 鳥取城北

     秋季県大会を制した鳥取城北は、4試合で計14犠打と小技も絡めた攻撃で計34得点。打率6割超えの大成塁選手(2年)や7打点の河野律樹(りつき)選手(2年)ら今年夏の甲子園ベンチ入りメンバーを中心につなぐ野球が持ち味。守りでは、直球を武器に3試合14回3分の2を1失点の別所季哉(ときや)投手(2年)ら4投手を擁して相手打線を圧倒する。山木博之監督は「部員一丸となってセンバツを目指す」と気を引き締めた。

    粘り強さに定評 米子東

     4年ぶりの出場となる米子東は、県大会の準々決勝を3-1、準決勝では5-4と接戦での粘り強さに定評がある。投打の柱は、主軸で本塁打を含む4長打の岡本大翔選手(1年)と、多彩な球種を武器に全4試合に先発した左腕、森下祐樹投手(2年)の2人。ケガのためスタメン出場が1試合にとどまった主砲・福島悠高選手(2年)も万全を期す。紙本庸由監督は「(中国地区大会は)強豪ぞろいだが、一球一球を大事にして粘り勝つ」と意気込む。

    接戦を勝ちきる 鳥取商

     2年連続の出場となる鳥取商。右腕、清水響希(ひびき)投手(2年)は全4試合に先発して29イニングで自責点が6。打撃でも主軸を務め3本の長打を放った。打率4割近い1番・大石嵐太選手(1年)は毎試合得点するなど、長打力もあるリードオフマンとして活躍する。渡辺達郎監督は「清水を中心に接戦を勝ちきりたい」と力強く語った。【園部仁史】


    鳥取城北

    部長 中島悠貴 36

    監督 山木博之 43

    投  駒居悠作(2)

    捕 ◎大成塁(2)

    一  山田椋一(2)

    二  聲高太陽(2)

    三  千原彪雅(2)

    遊  河野律樹(2)

    左  有本海都(2)

    中  木村洸太郎(2)

    右  村上太志朗(2)

    補  阪上陸(1)

       別所季哉(2)

       安保龍人(1)

       河西威飛(1)

       藤元和虎(1)

       田口大二朗(2)

       大坂友斗(2)

       小林和起(2)

       成田優樹(2)

    記  鳥飼美喜(2)

    米子東

    部長 川下忍  46

    監督 紙本庸由 37

    投  森下祐樹(2)

    捕  長尾駿弥(1)

    一  福島悠高(2)

    二 ◎福島康太(2)

    三  諸遊壮一郎(2)

    遊  岡本大翔(1)

    左  山内陽太郎(1)

    中  本多翔(2)

    右  土岐尚史(1)

    補  野村大和(2)

       松田凌(1)

       永田涼(1)

       岩本勇気(1)

       平山悠斗(1)

       戸野皓介(1)

       遠藤想大(1)

    記  小村ののか(2)

    鳥取商

    部長 狩野永治 44

    監督 渡辺達郎 47

    投  清水響希(2)

    捕  花川竜之輔(1)

    一 ◎下田皓斗(2)

    二  青木洋介(2)

    三  花川京之輔(1)

    遊  大石嵐太(1)

    左  上根渉(2)

    中  前田空良(2)

    右  高橋怜玖(2)

    補  松本和宏(2)

       山根脩(1)

       鍵井怜緒(2)

       森本剛史(2)

       井上峻(2)

       水川奏(2)

       村奥優樹(1)

       森下太陽(2)

       岩崎優也(1)

    記  石井美咲(2)

     ◎は主将、カッコ内数字は学年。部長、監督は年齢。記は記録員

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト