メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季近畿地区高校野球大会

福知山成美、4強ならず 履正社に0-5完敗 /京都

【福知山成美-履正社】七回表福知山成美1死、原が左中間に二塁打を放つ=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、黒詰拓也撮影

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、兵庫県高野連主管)は第4日の28日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で準々決勝の残り3試合があり、履正社(大阪1位)、明石商(兵庫1位)、智弁和歌山(和歌山1位)の3校が4強入りした。

     第1試合は小刻みに加点した履正社が福知山成美(京都1位)に完封勝利。第2試合は明石商が報徳学園(兵庫3位)との同県対決を完封で制した。前回大会の決勝や今春のセンバツ決勝などに続くライバル対決となった第3試合は、智弁和歌山が大阪桐蔭(大阪2位)に逆転勝ち。大阪桐蔭は連覇の夢を絶たれた。

     大会第5日は11月3日、準決勝2試合が行われる。対戦カードは、午前11時から龍谷大平安(京都3位)-履正社、午後1時半から明石商-智弁和歌山。【黒詰拓也、望月靖祥】

     ▽準々決勝

    福知山成美

      000000000=0

      00110111×=5

    履正社

     (福)小橋-原

     (履)清水-野口

    ▽二塁打 佐藤、原(福)野口、小深田2、野上2(履)

     履正社は三回、相手失策とバントの1死三塁から小深田の左前ポテン二塁打で先制。その後もバントを絡めた確実な攻撃で加点した。先発・清水は被安打3の無四球、12奪三振で完封勝利。福知山成美は三、七回に二塁打で得点圏に走者を進めたが、後続が倒れた。

    報徳学園

      000000000=0

      00000031×=4

    明石商

     (報)林、坂口-西井

     (明)宮口-水上

    ▽二塁打 岡田、河野(明)

    大阪桐蔭

      100000010=2

      04100000×=5

    智弁和歌山

     (大)新井、中田、高野-石井

     (智)池田泰、池田陽-東妻

    ▽二塁打 山田(大)池田泰(智)

    〔京都版〕

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト