メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季近畿地区高校野球大会

履正社、明石商、智弁和歌山、各監督の話 /兵庫

流れ寄せた投球 履正社・岡田龍生監督

 清水の投球が試合の流れを引き寄せ、得点につながった。犠打と守備、走塁を見直し準決勝に臨む。

    打線つながった 明石商・狭間善徳監督

     宮口が丁寧に低めを突いていたので安心して見られた。打線もつながった。守りをさらに鍛えたい。

    内角攻めが奏功 智弁和歌山・中谷仁監督

     序盤でリードしても気が抜けなかった。先発の池田泰が内角をうまく攻めたのがよかった。

    〔神戸版〕

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト