メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季近畿地区高校野球大会

智弁和歌山4強 ライバル、大阪桐蔭降す /和歌山

【大阪桐蔭-智弁和歌山】二回裏智弁和歌山2死一、三塁、綾原が中前打を放ち逆転=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、砂押健太撮影

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、兵庫県高野連主管)は第4日の28日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で準々決勝の残り3試合があり、履正社(大阪1位)、明石商(兵庫1位)、智弁和歌山(和歌山1位)の3校が4強入りした。

     第1試合は小刻みに加点した履正社が福知山成美(京都1位)に完封勝利。第2試合は明石商が報徳学園(兵庫3位)との同県対決を完封で制した。前回大会の決勝や今春のセンバツ決勝などに続くライバル対決となった第3試合は、智弁和歌山が大阪桐蔭(大阪2位)に逆転勝ち。大阪桐蔭は連覇の夢を絶たれた。

     大会第5日は11月3日、準決勝2試合が行われる。対戦カードは、午前11時から龍谷大平安(京都3位)-履正社、午後1時半から明石商-智弁和歌山。【黒詰拓也、望月靖祥、砂押健太】

     ▽準々決勝

    大阪桐蔭

      100000010=2

      04100000×=5

    智弁和歌山

     智弁和歌山は1点を追う二回、根来、佐藤の連打などで2死二、三塁とし、池田泰、綾原の連続適時打で逆転。さらに満塁からの連続押し出し四球で、この回計4点を挙げた。大阪桐蔭は先発・新井の二回の乱調が誤算。打線も八回に1点を返すにとどまった。

    中谷新監督と雪辱果たす

    【大阪桐蔭-智弁和歌山】大阪桐蔭に勝利し校歌を歌う智弁和歌山の選手たち=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、砂押健太撮影

     今春のセンバツ決勝で敗れ、春季近畿地区大会決勝でも勝てなかった大阪桐蔭から、見事な試合展開で勝利をもぎ取った智弁和歌山。池田泰騎投手(1年)らは「先輩たちの雪辱を果たせた」と笑顔を見せた。

     高嶋仁前監督が退き、中谷仁監督が就任して公式戦9試合目。チームは夏の甲子園を経験したメンバーを中心に強打を誇る。

     中谷監督が強調するのは「実戦を意識した練習」だ。今大会2試合で7打点と好調の綾原創太選手(1年)は「場面を想定した打撃練習のケースバッティングを繰り返してきたことで、どのように打席に入るか意識が高まった」と話す。

     秋季近畿地区大会県2次予選の準決勝では、先制しながら南部に逆転される苦しい場面をスクイズで同点に追いつき、連打で突き放し、粘りと緻密さも身につけた。新監督の下、智弁和歌山ナインは宿敵を破り、また一歩成長を見せた。【砂押健太】


    福知山成美

      000000000=0

      00110111×=5

    履正社

     (福)小橋-原

     (履)清水-野口

    ▽二塁打 佐藤、原(福)野口、小深田2、野上2(履)

    報徳学園

      000000000=0

      00000031×=4

    明石商

     (報)林、坂口-西井

     (明)宮口-水上

    ▽二塁打 岡田、河野(明)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト