メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季中国地区高校野球大会

広陵、好救援で流れ

 (28日)

     ○…広陵の2番手左腕・石原が好救援で流れを変えた。七回、3点差にされ、1死一、三塁でマウンドへ。味方の失策で1点を奪われたが落差の大きいカーブを軸に後続を仕留め、そのまま安打を許さず投げきった。この日、12安打の好調な相手打線に「得意のカーブを低めに集められた」と冷静に振り返った。打っては八回、突き放す犠飛を放って投打に活躍。先発した最速147キロを誇るエース右腕・河野が不調でも「走者がいた方が投げやすい」という頼もしい左腕が控えている。

    中国(岡山・倉敷マスカットほか)

     ▽2回戦

    崇徳(広島)

      102000010=4

      00003012×=6

    創志学園(岡山)

     (崇)藤田-池上

     (創)草加、西-横関

    関西(岡山)

      210030200=8

      20310403×=13

    広陵(広島)

     (関)栗原、赤穂、白井-岩本

     (広)河野、石原-鉤流

    ▽本塁打 片山(関)

    倉敷商(岡山)

      101200020=6

      01001330×=8

    米子東(鳥取)

     (倉)木村、小原、安井-岡田

     (米)森下-長尾

    ▽本塁打 橋本、原田(倉)

    呉(広島)

      2200223=11

      0300000=3

    岡山理大付(岡山)

     (七回コールド)

     (呉)沼田仁-秋山

     (岡)岩本、金子、平賀-入江

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト