メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

等身大の球児

平成の歩み/中 上下関係改善、好成績に

傷んだボールの仕分けをする花咲徳栄の上級生の部員ら=埼玉県加須市の同校グラウンドで2019年1月31日、加藤佑輔撮影

 高校野球で重んじられてきた、部内の厳しい上下関係。そのあり方を見直し、全国の頂点に立つ高校が続いている。

 花咲徳栄(埼玉)では、グラウンド整備や用具の片付けなど雑用はすべて上級生がこなす。2001年からチームを率いる岩井隆監督(49)は言う。「1年生は学校生活など環境の変化に対応するだけでも大変。『雑用は下級生』という伝統をなくして、野球に専念させたかった」

 15、16年と続けて夏の甲子園に出場したが、目標の日本一には届かなかった。「大きな改革が必要」。そ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです