メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

津田学園、開会式リハ 大舞台の土確かめ /三重

プラカードを持つ津田学園の石井千百合マネジャーと選手たち=阪神甲子園球場で、谷口豪撮影

 <第91回センバツ>

     センバツ開幕を翌日に控えた22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開会式のリハーサルがあった。津田学園の選手たちは入場行進しながら、大舞台の土の感触を確かめた。

     曇り空の下、リハーサルは午前10時に始まった。プラカードを持つ生徒を先頭に32校が参加。選手宣誓など当日の流れを約1時間にわたって確認した。

     終始リラックスした様子でリハーサルに参加した石川史門主将(3年)は「グラウンドから球場を見て改めて良い場所だと感じた」と実感を語った。3日後に迫った本番に向けて「僕らにとって大事な大会が開幕するので、振る舞いからしっかりしないといけない」と気を引き締めた。

     プラカードを掲げ、チームを先導したマネジャーの石井千百合さん(3年)は「グラウンドに入ったときは緊張したが、行進するうちに楽しみな思いが強くなった」と笑顔で語った。【谷口豪】

    〔三重版〕

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト