メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る

習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す

【習志野-日章学園】一回表習志野2死満塁、角田が左翼線3点三塁打を放つ(捕手・深草)=阪神甲子園球場で2019年3月24日、玉城達郎撮影
【習志野-日章学園】一回表習志野1死二、三塁、高橋雅に2点三塁打を許し、打球の行方を追う日章学園の先発・石嶋=阪神甲子園球場で2019年3月24日、玉城達郎撮影

第91回選抜高校野球

 ○習志野8-2日章学園●(24日・甲子園)

 習志野が相手守備の乱れに乗じて快勝した。一回、敵失を足場に1死二塁とし、根本の右前適時打で先制。さらに高橋雅と角田の適時三塁打などでこの回計7点を挙げた。先発・山内はコースを突き、八回途中2失点。日章学園は七回に石嶋、長田の連続適時二塁打で2点を返したが、6失策で大量失点したのが痛かった。

 習志野・小林徹監督 山内は力では抑えられないと思って、うまく緩急をつけていた。一回はもらった好機だったが、実力以上にうまく流れに乗った。

 日章学園・畑尾大輔監督 プレーボールが近づくにつれて選手の顔がこわ張っていった。見たことがない守備。最初にミスが出て波に乗れなかった。

毎日新聞のアカウント

4月3日の試合

話題の記事

関連サイト