メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る

「美爆音」に乗り、先制のホーム踏んだ習志野・竹縄 攻めの姿勢が実る

【習志野-日章学園】一回表習志野1死二塁、根本の右前打で竹縄が生還=阪神甲子園球場で2019年3月24日、幾島健太郎撮影

 息つく間もない攻撃で相手を一気にのみ込んだ。習志野が一回、4長短打と三つの敵失に乗じて一挙7得点。日章学園を圧倒した。

 一回、先頭の主将・竹縄が初球打ちした遊撃へのゴロが敵失となり、出塁した。2番・小沢は1ボールから犠打を決めて1死二塁。3番・根本がカウント1―1から外角球を引っ張って右前へ。わずか6球で竹縄が先制のホームを踏んだ。その後も2本の三塁打や四球に敵失なども絡んで6点を追加。「美爆音」と呼ばれるスタンドの大声援にも乗り、打者一巡の猛攻で早々に試合を決めた。

 試合前のじゃんけんで勝った竹縄は先攻を選んだ。習志野の昨秋のチーム打率は2割9分8厘と高くないが、先行逃げ切りを得意とする日章学園に対し、竹縄は「攻めのチームには、攻めの姿勢でいこうと思った」。好球必打の積極的な攻撃で相手のお株を奪い、「理想的な形で得点できた」と胸を張った。

 小林監督は一回の攻撃について、「実力以上のものが出たが、うまく流れに乗ってくれた」と評価。夏の甲子園で優勝2回を誇る名門が、10年ぶりのセンバツで好スタートを切った。【石川裕士】

毎日新聞のアカウント

4月3日の試合

話題の記事

関連サイト