グーグル:日本でコンピューター科学教育を支援 シュミット会長

2013年10月29日

私立広尾学園高校で講演する米グーグルのエリック・シュミット会長=2013年10月29日岡礼子撮影
私立広尾学園高校で講演する米グーグルのエリック・シュミット会長=2013年10月29日岡礼子撮影

 米検索大手グーグルは29日、日本でコンピューター科学教育を支援するプログラム「コンピューターに親しもう」を開始すると発表した。NPOと協力して学校などに講師を派遣し、プログラミング体験講座を行う。来日した同社のエリック・シュミット会長は「日本は科学教育では世界上位で、子供たちには科学力がある。しかし、ソフトウェアでは世界のリーダーではない。このギャップを埋めるために、教育プログラムを始める」と話した。第1弾として同日、東京都の私立中高一貫校、広尾学園で講座が行われるのに併せ、シュミット会長が特別講演した。

 体験講座は、▽児童生徒向け▽教員など指導者向け▽親子向け−−の3種類で、児童生徒向けは6〜15歳が対象。米マサチューセッツ工科大メディアラボで開発された子供向けのプログラミング言語「スクラッチ」と、英ケンブリッジ大の研究者らが開発した名刺サイズのコンピューター「ラズベリーパイ」を使う。スクラッチはキーボードを使わず、マウス操作で「命令文」を組み合わせるため、低学年の子供でも簡単に使える。

 グーグルは、NPO法人「CANVAS」(キャンバス、石戸奈々子理事長)と協力して講座内容を決め、機材を提供する。1年間でコンピューター5000台を寄贈または貸与し、受講者約2万5000人を目指すという。原則は無償で、講座期間などについては相談に応じる。グーグルは同様の講座を2013年1月、イギリスでも開設しており、今回が2例目になる。キャンバスは日本で約10年にわたって、子供たちにプログラミング体験講座などを提供してきた。講座についての問い合わせはキャンバスのホームページから。

 この日、広尾学園では、医進サイエンスコースの高校1、2年生約80人がシュミット会長の講演を聞き、講演の後、1年生40人がキャンバスの講師による講座を受講した。同校での講座は1回1時間。同校の木村健太教諭は「生徒たちは、タブレット型端末などを使いこなしているが、これまでは享受するだけだった。今日の講座は、技術をどう生み出すかを学ぶスタート地点になる」と話した。【岡礼子】

最新写真特集