メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日映画コンクール選考

対象

2016年1月1日から12月31日までに国内で14日間以上、有料で劇場公開された作品。なお、ドキュメンタリーおよびアニメーション部門は、同期間に完成もしくは上映された作品が対象です。

毎日映画コンクール各賞

【作品部門】

  日本映画大賞 日本映画優秀賞 外国映画ベストワン賞

【俳優部門】

  男優主演賞 女優主演賞 男優助演賞 女優助演賞 スポニチグランプリ新人賞 田中絹代賞

【スタッフ部門】

  監督賞 脚本賞 撮影賞 美術賞 音楽賞 録音賞

【ドキュメンタリー部門】

  ドキュメンタリー映画賞

【アニメーション部門】

  アニメーション映画賞 大藤信郎賞

【TSUTAYA × Filmarks映画ファン賞】

  日本映画部門 外国映画部門

【特別賞】

選考方法

【作品、俳優、スタッフ部門】

 全作品を対象に2段階選考を行います。1次選考は、映画評論家、映画記者が母体となる1次選考委員が投票で行い、それぞれの上位得票者を2次選考の候補とします。

 2次選考は、作品部門は5人、俳優部門は7人、スタッフ部門は11人の2次選考委員が、討議して各賞を決定します。作品部門の「外国映画ベストワン賞」のみ、1次選考委員による投票で決定します。

【アニメーション、ドキュメンタリー部門】

 公募作品を対象に2段階選考を行います。1次選考は、各部門3人ずつの1次選考委員が応募作品を絞り込んで2次選考候補とします。2次選考は、それぞれ5人で構成する2次選考委員の討議で決定します。

【TSUTAYA × Filmarks映画ファン賞】

 映画ファンによる一般投票で「日本映画部門「外国映画部門」の2賞を決定します。

【特別賞】

 諮問委員会の討議で決定します。映画産業の発展に寄与した映画人等、もしくは賞の枠組以外に当該年に目覚しい活躍をした映画人等も対象にしています。

諮問委員長

 岡本みね子(映画監督・プロデューサー)

諮問委員会

 公益社団法人映像文化製作者連盟
 一般社団法人外国映画輸入配給協会
 協同組合日本シナリオ作家協会
 一般社団法人日本映画製作者連盟
 公益財団法人ユニジャパン
 協同組合日本映画製作者協会
 協同組合日本映画監督協会
 一般社団法人日本映画俳優協会
 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会
 株式会社毎日映画社
 松竹株式会社
 東映株式会社
 東宝株式会社
 株式会社KADOKAWA
 松島利行(映画評論家)
 野島孝一(映画評論家)
 佐伯知紀(映画・映像研究)

2016年10月1日現在

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 失禁 5人に1人「便」経験 男性、20~30代やや多く
  2. AV 普通のイヤホンが「ほぼワイヤレスイヤホン」に! コードが邪魔にならない便利オーディオグッズ(GetNavi web)
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 赤色灯・サイレンなしで取り締まり 警察車両もスピード違反では?
  4. 時代の風 「分煙」が不可な本当の理由=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員
  5. 社説 「加計学園」問題で新証言 もう怪文書とは言えない

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです