メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

    天神祭:船渡御で花火5000発…大阪の夏、最高潮

    大阪の夏を彩る天神祭は本宮の25日、大阪市の中心部を流れる大川で、約100隻の船が行き交う神事「船渡御(ふなとぎょ)」があり、家族連れやサラリーマンらでにぎわった。約5000発の奉納花火が夜空を照らすと、大きな拍手と歓声が上がった。 【撮影・久保玲、本社ヘリから小関勉】

    関連記事を読む