メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪:日本選手解団式 JOC会長に団旗返還

史上最多のメダル41個(金12、銀8、銅21)を獲得した、リオデジャネイロ五輪日本選手団の解団式が25日、東京都内のホテルであった。旗手の陸上男子・十種競技の右代啓祐(30)=スズキ浜松AC=と、主将を務めたレスリング女子53キロ級銀メダルの吉田沙保里(33)が竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長に団旗を返還した。 【撮影・丹治重人】

関連記事を読む