メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ政府: 記者死亡を認める(ロイター)

サウジアラビア政府に批判的な米国在住のサウジ人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館を訪問後に行方不明になった事件で、サウジ検察当局は20日、国営メディアを通じて「カショギ氏が総領事館で死亡した」と公式に認めた。(ロイター)2018年10月20日公開

関連記事を読む