メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨:思い出のピアノも処分…倉敷・真備 水残る田畑も

西日本豪雨で大規模な浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備町地区。小田川の支流、真谷(まだに)川の堤防が決壊した真備町服部地区は、今も田畑に水が残ったままで、壊れた農機具などが放置されていた。同地区の民家では住民らが片付け作業に追われていた。【撮影・内林克行】2018年7月21日公開

関連記事を読む