メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流氷:オホーツク海南下…海保が航空機で観測

第1管区海上保安本部(北海道小樽市)は7日、航空機を使ったオホーツク海の海氷調査の様子を報道関係者に公開した。この日は、流氷が紋別市沖約50キロまで南下していることを確認した。【撮影・手塚耕一郎】

関連記事を読む

ニュース

もっと見る

再生数上位の動画