メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮・ICBM発射:米全土射程、青森沖に落下(ロイター)

北朝鮮は日本時間29日午前3時18分ごろ、西岸の平城(ピョンソン)付近から弾道ミサイル1発を発射した。日本政府によると、ミサイルは約53分間にわたり約1000キロ飛び、午前4時11分ごろ、青森県の西方約250キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海に落下。4000キロを大きく超える高度に達した。同日午後0時半から朝鮮中央テレビは「重大報道」を放送し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射に「成功した」と発表した。(ロイター)2017年11月29日公開

関連記事を読む

ニュース

もっと見る

再生数上位の動画