メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日:「自国第一主義」懸念 平和宣言全文(共同)

広島は6日、米国による原爆投下から73回目の「原爆の日」を迎え、平和記念公園(広島市中区)で平和記念式典が行われた。広島市の松井一実市長は平和宣言で「自国第一主義」の台頭、核兵器の近代化などに懸念を表明。採択1年を迎えた核兵器禁止条約の発効に向け、日本政府が役割を果たすよう求めた。松井市長が読み上げた平和宣言をノーカットで掲載した。(共同)2018年8月6日公開

関連記事を読む

ニュース

もっと見る

再生数上位の動画