メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寝ても覚めても

  • 東出昌大が一人二役 性格が異なる2人の男性との運命の恋 唐田えりかが好演

     俳優の東出昌大さんが主演、モデルで女優の唐田えりかさんがヒロインを演じた「寝ても覚めても」(濱口竜介監督)が、9月1日からテアトル新宿(東京都新宿区)ほかで公…

    (2018年08月31日 19:30)

  • 続ける価値はある=冨重圭以子

     今回のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次、2次リーグは、球場には行かず、テレビで見た。現場にいないから、スタンドの空気や、テレビに映らない選手の…

    (2017年3月21日 15:04)

  • 理詰めのスケーター=冨重圭以子

     国際舞台で大活躍する日本のフィギュアスケート陣に比べ、このところ精彩を欠いていたスピードスケート。でも今季は違った。短距離の小平奈緒選手が世界スプリント選手権…

    (2017年3月14日 15:18)

  • 変わり種から咲く花は=冨重圭以子

     日本プロ野球組織(NPB)の一員になったばかりの1年生の中には、いろいろな経験を積んできた選手がいる。この時期にキャンプ地を巡ると、変わり種選手によく会う。 …

    (2017年2月21日 15:04)

  • タテマエは大事=冨重圭以子

     国際ボート連盟(FISA)が東京で開いた臨時総会で、2020年東京五輪から実施種目を男女同数にする案を国際オリンピック委員会(IOC)理事会に提出すると決めた…

    (2017年2月14日 15:07)

  • みんな急いでいる=冨重圭以子

     久しぶりにプロ野球のキャンプを初日から見た。ここ数年、実戦形式の練習が始まるころに行くことが多かったので、ちょっと新鮮だった。 ロッテがキャンプを張る沖縄・石…

    (2017年2月7日 15:22)

  • ライバルは17歳=冨重圭以子

     このニュースには驚いた。フィギュアスケート男子のネーサン・チェン選手(米国)が全米選手権のフリーで4回転ジャンプ4種類を計5回跳んだ、という。ショートプログラ…

    (2017年1月31日 15:25)

  • 泣き虫横綱誕生へ=冨重圭以子

     スポーツ好きが集まる居酒屋のカウンターで。店主もほぼあらゆる競技に通じていて、野球、サッカーはもちろん、五輪でしかお目にかからない(日本では)マイナーなスポー…

    (2017年1月24日 15:04)

  • 郷司さんのこと=冨重圭以子

     今年、野球殿堂入りする方々が決まった。特別表彰ではアマ野球で長く審判を務めた郷司裕さんと、元毎日新聞記者で野球規則に詳しく解説書を出した鈴木美嶺さんが選ばれた…

    (2017年1月17日 15:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. そこが聞きたい 「政治劣化」どう克服? 元官房長官・仙谷由人氏
  4. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです