メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓(韓日)国際環境賞

 毎日新聞社と朝鮮日報社は、日韓国交正常化30周年に当たる1995年、東アジア地域の経済発展と環境保全の調和を図るため「日韓(韓日)国際環境賞」を共同で創設しました。
 日本、韓国、中国、フィリピン、台湾、ロシア極東地域を含む東アジア地域は、急速な経済発展の動向が注目を集めています。急速な工業化とエネルギー消費の増大に伴う大気汚染、酸性雨などの公害問題が国境を越えて広がっており、地球温暖化などにより自然環境の劣化も危惧されています。両社は環境問題を共通テーマとして顕彰活動を行うことで、両国のみならず東アジア全体の環境保全への機運を高め、調和のとれた発展に寄与できると確信しています。
 第24回(2018年)は、日本側がホールアース自然学校 、韓国側が崔義昭・高麗大名誉教授に決まりました。

主催:毎日新聞社、朝鮮日報社 後援:外務省、環境省、在日大韓民国大使館

協賛:城西国際大学

  • 第24回日韓国際環境賞 ホールアース自然学校/崔義昭・高麗大名誉教授

     東アジア地域の環境保全に貢献した団体・個人を表彰する第24回日韓(韓日)国際環境賞は、日本側がホールアース自然学校、韓国側が崔義昭(チェウィソ)・高麗大名誉教…

    (2018年10月19日 02:37)

  • 社告 日韓国際環境賞決定

     東アジア地域の環境保全に貢献した個人・団体を表彰する第24回(2018年)「日韓(韓日)国際環境賞」の受賞者が決まりました。賞金各1万ドルと副賞が贈られます。…

    (2018年10月19日 03:33)

  • 2018年度 募集要項

    受賞対象(1)日本、韓国、中国、北朝鮮、極東ロシア、モンゴル、フィリピンなど東アジア地域の環境保全に貢献した個人、団体の中から選定する。(2)日本、韓国の個人、…

    (2018年6月19日 00:00)

  • 過去の受賞者

    第1回(1995年)日本側:遠山正瑛・遠山柾雄両氏(日本沙漠緑化実践協会)、財団法人・北九州国際技術協力協会韓国側:韓国・光緑会、中国・自然の友第2回(1996…

    (2016年10月21日 08:00)

  • 社告 第24回日韓国際環境賞 読者からの推薦募集

     毎日新聞社は第24回日韓(韓日)国際環境賞候補の推薦を読者の皆様から募集します。この賞は環境保全に貢献した団体、個人を表彰するものです。詳しい募集要項は24面…

    (2018年6月19日 03:40)

  • 日韓国際環境賞
    水俣フォーラム・順天市を表彰

     東アジア地域の環境保全などに貢献した人々や団体を顕彰する第23回「日韓(韓日)国際環境賞」(主催・毎日新聞社、朝鮮日報社▽後援・外務省、環境省、在日韓国大使館…

    (2017年10月27日 03:55)

  • 第23回受賞者決まる

     東アジア地域の環境保全に貢献した団体・個人を表彰する第23回日韓(韓日)国際環境賞は、日本側が認定NPO法人水俣フォーラム、韓国側が全羅南道順天(スンチョン)…

    (2017年10月24日 18:23)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです