メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

 ベテラン専門記者による日替わりコラム。金曜日はパリ、ローマで支局長を歴任してきた西川恵客員編集委員が欧州の「いま」を解説します。
  • テト攻勢の衝撃=西川恵

     <kin-gon> 商都ホーチミン市に来ている。南ベトナム時代の首都サイゴン。旧正月の真っただ中だが、今年は祝祭が重なっている。ベトナム戦争の転換点となった1…

    (2018年2月16日 03:10)

  • 日仏外交の同調=西川恵

     <kin-gon> 日本の政治が英国やイタリア、ドイツと比べられることはあってもフランスとはまれだ。しかしこのところ、日仏の外交が国際政治舞台で興味深い同調を…

    (2018年2月9日 03:01)

  • ジョージア大使の喜び=西川恵

     <kin-gon> ジョージアのレバン・ツィンツァゼ駐日大使(48)は栃ノ心と友人同士だ。その優勝はもちろんうれしい。しかし大使として「ジョージア」という名前…

    (2018年2月2日 02:40)

  • 米国の国賓第1号=西川恵

     <kin-gon> トランプ米大統領はマクロン仏大統領を国賓第1号で米国に招く。複数の米メディアの報道を受け、サンダース米大統領報道官が24日の記者会見で「時…

    (2018年1月26日 03:20)

  • 続「口説く自由」=西川恵

     <kin-gon> 先週に続き、女優カトリーヌ・ドヌーブさんらフランスの芸術家、編集者など女性約100人が連名で仏紙に発表した公開書簡の話。男性の名前を挙げて…

    (2018年1月19日 03:46)

  • 「口説く自由」の賛否=西川恵

     <kin-gon> 仏女優カトリーヌ・ドヌーブさんらフランスの作家、芸術家など女性約100人が連名で、9日の仏ルモンド紙に発表した公開書簡に波紋が起きている。…

    (2018年1月12日 03:06)

  • ある駐日大使の言葉=西川恵

     <kin-gon> 今年は明治維新から150年だが、日本と関係の深いフランス外交官の生誕150年でもある。詩人・劇作家で、駐日フランス大使だったポール・クロー…

    (2018年1月5日 02:40)

  • 「核抑止」否定への転換=西川恵

     <kin-gon> 来年、バチカン(ローマ法王庁)のフランシスコ法王が日本を公式に訪れるのではないか。法王の訪日の最大の目的は、広島、長崎から世界に向けて「核…

    (2017年12月29日 02:13)

  • 理念の空白を埋める=西川恵

     <kin-gon> 「力の空白を埋める」という言葉がある。力の空白ができると、それを埋めようとする別の力が働くという地政学的な表現だ。米国のトランプ大統領にな…

    (2017年12月22日 02:47)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  2. 金の言葉 羽生結弦 平昌五輪2018/2 やめなきゃいけなくなったら… 右足首のけが
  3. 殺人容疑 2歳長男の首絞め殺害 18歳母を逮捕 青森
  4. 性暴力の現場で 兄から虐待 親の反対で被害訴えず 群馬
  5. 埼玉県教委 バイク「3ない運動」37年ぶり見直しへ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです