メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NYビート

國枝すみれ(くにえだ・すみれ)ニューヨーク特派員。1991年入社。英字新聞毎日デイリーニューズ編集部、西部本社福岡総局で警察担当記者、ロサンゼルス支局、メキシコ支局を経て、2016年4月から現職。05年、長崎への原爆投下後に現地入りした米国人記者が書いたルポを60年ぶりに発見して報道し、ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

  • セリーナ騒動の報道にみる米国文化

     大坂なおみ選手が米国のセリーナ・ウィリアムズ選手に勝った全米オープン女子シングルスの決勝戦について、試合から数日たった今も、熱い議論が続いている。セリーナは審…

    (2018年09月14日 14:32)

  • 閉鎖された核ミサイル基地に行ってみた

     冷戦時代の核ミサイル発射基地に民泊できると聞いて、米中西部カンザス州ドーバーを訪れた。 トウモロコシや大豆の畑が広がる。道路が未舗装になった。ミサイル基地ロー…

    (2018年08月16日 08:14)

  • 大統領選で揺れる米国
    (1)分裂する家族

     【オハイオ國枝すみれ】11月の米大統領選に向け、実業家ドナルド・トランプ氏(70)が7月19日、共和党候補として正式に指名された。本選の激戦州の一つ中西部オハ…

    (2016年08月01日 16:58)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです