憂楽帳:父母状 (17時48分)

 「父母に孝行に 法度を守り へりくだり 奢(おご)らずして……」。和歌山城の天守閣に「父母状」と題した書が展示されている。初代藩主徳川頼宣(よりのぶ)が「熊野に父を殺して重罪を自覚しない若者がいる」という事件を聞き、万治3(1660)年正月に領民教育の指針と... 続きを読む

アーカイブへ