毎日ビューアー 毎日ウィークリーデジタル&デジタルライト

便利な「毎日ウィークリーデジタル」

「毎日ウィークリー」は、1972年創刊の英語学習紙です。全16ページで毎週土曜日発行です。すべてのページに単語の注釈または日本語訳がつき、辞書を引く手間なしにニュースやコラム、映画、漫画などたくさんの生きた英語を読むことができます。ネイティブによる読み上げサービスもあります。

「毎日ウィークリーデジタル」は、「毎日ウィークリー」の紙面イメージをそのままパソコン、スマートフォン、タブレットで読める便利なデジタル商品です。ほとんどの英文記事に読み上げ音声がついています。月額998円。

「毎日ウィークリーデジタル プラスコース」は毎日ウィークリーデジタルに毎日ウィークリーの紙版がプラスされたコースです。月額2,200円(本体価格)で、お申し込みは海外在住の方にかぎります。毎日ウィークリーの紙版は海外のご自宅まで郵送します。

「毎日ウィークリーデジタルライト」は「毎日ウィークリーデジタル」を気軽にお楽しみいただける低価格版です。比較的簡単な小説、映画、漫画、英語学習などを集めたもので、全8ページ。読み上げ音声つきでお手頃の月額300円です。

サンプルを読む



ネイティブの読む音声が聞ける

毎日ウィークリーデジタルは、ほとんどの英文記事にネイティブが読む音声がついています。リスニング力アップに最適です。
①ページを開くと音声のついている記事の冒頭に数秒間、色がついて点滅し、スタートボタンの位置を示します。
②その場所をタップすると音声がスタートし、記事の最後まで読み上げます(色がついている部分だけではなく、記事全文を読み上げます)。


難しい単語には日本語訳つき

すべてのページに単語のていねいな説明や対訳がついて、辞書を引く手間とストレスがありません。


多彩な内容 1週間読み切りサイズ

硬派なニュース記事やTOEIC®対策から、映画、漫画まで盛りだくさん。


購読期間
料金
1ヵ月(自動更新)
300円[税込み]


もっと楽しみたい完全版 毎日ウィークリー デジタル

毎日ウィークリーデジタルライト(8ページ)では物足りなくなったら、紙の毎日ウィークリー、または、毎日ウィークリーデジタルがおすすめです。毎日ウィークリーデジタルは全16ページ。充実した内容をお楽しみいただけます。


購読期間
料金
1ヵ月(自動更新)
998円[税込み]
3ヵ月
2,994円[税込み]
6ヵ月
5,988円[税込み]
12ヵ月
11,976円[税込み]


海外在住の方限定 毎日ウィークリー デジタル プラスコース

毎日ウィークリーデジタルに毎日ウィークリーの紙版がプラスされたコースです。


購読期間
料金
1ヵ月(自動更新)
2,200円[本体価格]






中学生や高校生でも読めますか?
毎日ウィークリーは比較的易しいものから難しいものまで、さまざまなレベルの英文を掲載しています。英語が好きな中学生、高校生なら読めるページがたくさんあります。「らくらく読破! 英語ノベル」は英検準2級程度ですし、「戸田奈津子の翻訳の花道」や「毎日かあさん英語版」は日英対訳ですから、どなたでも楽しめます。単語の注釈を手がかりに読めるものから読み続けていくと、次第に難しいものも読めるようになってきます。
TOEIC®、大学受験対策にも役立ちますか?
毎日ウィークリーのコラムは毎年、各地の大学入試で使われており、長さや難易度が長文読解対策に最適です。長文読解には時事問題が出題されることが多く、1面や2~3面のニュース記事も、時事英語特有の単語や言い回しを身につけるのに効果があります。また、学習面には「MeglishのTOEIC®パート5で学ぶ基礎英語」、「竹岡広信の合格への花道」など試験対策のコーナーがありますし、読者参加型の「目からウロコの英作文」では英文を書くコツがつかめます。
ビジネスに役立つコーナーはありますか?

「ビジネス会話ABC!」は、元NHK英語ニュースアナウンサーで米国在住の金井真努香さんが、現地のビジネスシーンで使える英語表現をスキット形式で紹介しています。ニュース面では政治や経済のニュースを英語で読むことができますし、話題のニュースへの素朴な疑問に毎日新聞記者がわかりやすく答える「NEWS Q&A」(デジタルライトには掲載されません)もあります。


ご利用上の注意


  • PCやスマートフォンなど通信機器の費用、および通信料金等の費用は別途お客様のご負担となります。ご利用にあたっては、通信 各社のパケット料金定額制サービスへの加入を強くお勧めします。


Mainichi