社会・カルチャー

ベストセラーを歩く

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

書物があることで世界はどれだけ豊かなものになっているか。書物と親しむことで人生はどれほど彩りあるものになるか。毎日新聞の学芸部で文学を担当し、多くの作家、編集者と深く交流を続けてきた文芸評論家の重里徹也・聖徳大教授が、ベストセラーをひもときます。

連載記事 31件