清水憲司

清水憲司

毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を経て99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て2004年経済部に移り、流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当し、東日本大震災後には特別報道グループで核燃料サイクル政策も取材した。14年北米総局の特派員となり、米国経済の動向や企業取材を担当している。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
HISと日本通信が合弁でHISモバイルを設立

HISが仕掛ける海外旅行用「500円SIM」の目算

 格安スマホ(MVNO=仮想移動体通信事業者)の老舗の日本通信が、旅行大手のHISとタッグを組み、通信サービスを開始した。日本通信…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ザグレブ旧市街のシンボル・ザグレブ大聖堂。クロアチアはカトリックの国(写真は筆者撮影)

旧ユーゴ・クロアチア 美しい街並みの先にある現実

 ◇旧ユーゴ諸国とアルバニア編(1) 旧ユーゴスラビア社会主義連邦共和国。「六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つ…

世界透視術

英仏が恐れる中国「すべての道は北京に通ず」の新世界

 英国のメイ首相が2月2日、中国訪問を終えた。習近平国家主席らと会談し、同行の経済人が金融ビジネスなど総額90億ポンド(約1兆39…

職場のトラブルどう防ぐ?

35歳事務女性 育休明けに有休付与がなかった理由

 A美さん(35)は、勤続10年の営業事務です。5年前に結婚して2人の子供を出産しました。いずれも育児休業を取得して復帰し勤務を続…

メディア万華鏡
月刊・料理王国2月号の表紙

「料理家やモデルも2世ブーム」社会格差は拡大するか

 食の専門誌、月刊・料理王国2月号の表紙を見て「へ~」と思った。「『食』の継承者たち」という見出し。それに、予約の取れないことで知…