清水憲司

清水憲司

毎日新聞経済部記者(前ワシントン特派員)

 1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を卒業後、99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て、東京経済部で流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当した。2014~18年には北米総局(ワシントン)で、米国経済や企業動向のほか、通商問題などオバマ、トランプ両政権の経済政策を取材した。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
KDDIはUQモバイルをUQコミュニケーションズから継承することを発表(写真はオンラインで開かれた決算説明会)

KDDIが「auとUQを統合運営」ワイモバイルと楽天に対抗

 KDDIは、傘下のUQコミュニケーションズが運営する格安スマホの「UQモバイル」を10月1日に統合する。「au」と「UQモバイル…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ニュージーランドの対策は早かった(最大の都市オークランド、2015年3月、筆者撮影)

藻谷氏が考察「日本に欧米経由コロナなぜ広がった?」

 ◇新型コロナの地政学(3) 欧米の旧西側諸国に比べて、新型コロナウイルスによる100万人当たりの死者数が数十分の1から数百分の1…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「コロナ休校で職場に亀裂」44歳パートリーダーの焦燥

 A恵さん(44)は、従業員数約200人の食品メーカーのカスタマーサービス部門で働くパートです。同部門に10年以上勤務するベテラン…

ニッポン金融ウラの裏
緊急事態宣言が解除されて一夜明けた15日朝の西鉄福岡(天神)駅=2020年5月15日、田鍋公也撮影

「危機後の改革支援」地銀や信組の“腕の見せどころ”

 新型コロナ危機で資金繰りが苦しくなった融資先に対する緊急対応が、全国の地域金融機関で行われている。融資の返済条件変更や、遅れがち…

メディア万華鏡
新型コロナウイルスは男女関係にも影響しているようだ

「コロナと不倫」いまあえて濃厚接触する“男女考”

 あると推測していたことが現実に起きた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、英国のロックダウン(都市封鎖)を提唱した高名な疫学…