稲葉なおと

稲葉なおと

紀行作家、一級建築士

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。400軒以上の名建築の宿を宿泊・取材。旅行記、小説、児童文学、写真集を発表している。現在も長編小説を雑誌「ダンスビュウ」に連載中。第10回JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。主な著書に「匠たちの名旅館」など。近著に「モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい」(小学館)。公式サイトでお勧めホテル、名建築の写真を多数公開中 http://www.naotoinaba.com (顔写真の撮影は寺崎誠三さん)

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「この人なら頼れる」32歳女性を追い詰めた職場の空気

 A美さん(32)は、あるメーカーでメンバー10人ほどの品質管理部で働いています。昨年、この部署へ新しく配属された若手スタッフのフ…

ニッポン金融ウラの裏
例年ならお盆のUターンラッシュで混み合うが、新型コロナウイルスの影響で利用客がまばらな東海道新幹線のホーム=JR東京駅で2020年8月15日、小川昌宏撮影

JR赤字ショックが映し出す「コロナ構造調整」の重圧

 銀行業界の先行きにこれまでにない暗雲が広がり始めている。新型コロナウイルス問題の企業業績への悪影響が着実に強まっているからだ。象…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
色彩豊かな家が並ぶボゴタ旧市街の一画(写真は筆者撮影)

「コロンビア首都ボゴタ」豊かな色彩の路地裏を発見

 ◇南米アンデス古代文明編(7) コロンビアといえばコーヒー。サッカー・ワールドカップのロシア大会で、日本が奇跡の勝利をもらった相…

メディア万華鏡
相原メイ役の多部未華子(左)と、スーパー家政夫「ナギサさん」こと鴫野ナギサ役の大森南朋=TBS 提供

おじさんブームでも菅首相に「おじキュン」できる?

 この夏、「おじさんブーム」が起きた。暑苦しいおじさんに心をときめかす「おじキュン」なる言葉まで登場した。きっかけは、9月1日に終…

知ってトクするモバイルライフ
iPadエアはデザインを一新。iPadでは最も多い5色を用意したのも注目ポイント

新「iPadエアとアップルウオッチ」機能進化の狙い

 アップルは9月16日、オンラインで製品発表会を開き、iPadとアップルウオッチの新モデルをそれぞれ2機種発表した。例年、この時期…