グローバル

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

藻谷浩介 / 地域エコノミスト

この連載は、余計な予習は無用、ぶっつけ本番の「世界のまちかど見聞記」である。「世界中の国に行きたい」という子供時代の夢を捨てきれない中年男が、可能な限り多くの世界の街にほんの短時間でも降り立ってひたすら歩く。世界の片隅に身を置いてこそ見える現実をリポートする。

連載記事 226件

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「上司と相性悪く憂鬱」25歳女性の適応障害は労災か

 A子さん(25)は金融関連会社で営業事務をしています。直属の上司との相性が悪く、強いストレスを感じていました。ある朝、自宅の玄関…

知ってトクするモバイルライフ
HarmonyOS 2を搭載したタブレットのMatePad 11。ペンやキーボードでの入力にも対応

ファーウェイ「米制裁対応の新OS」何が変わる?

 ファーウェイは、米国の制裁によって、グーグルのアプリやアプリストアに対応したアンドロイドOSをスマートフォンやタブレットに採用で…

メディア万華鏡
頭髪を気にする男性は多い

男らしさが試される?「ハゲ」めぐる男社会の考察

 前回に続き「ヘア」の話。と言っても、男性の頭のそれ、だ。 「額が後退している。苦労が多いのね」。新型コロナウイルスの感染拡大で緊…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
サンサルバドルのショッピングモールのメトロ・セントロ。デザインセンスも清潔さも秀逸(写真は筆者撮影)

サンサルバドル「救世主」の町に見た強烈な格差

 ◇中米バスの旅編(4) コロナ禍直前の2020年1月初旬、夜8時過ぎ。エルサルバドルの首都サンサルバドルの場末で国際バスを降り、…

ニッポン金融ウラの裏
 

オレオレ詐欺「次の標的」はネットバンキング!?

 銀行業界ではインターネットバンキングの利用拡大を目指す動きが加速中だ。窓口や現金自動受払機(ATM)で送金するより格段に安い手数…