IT・テクノロジー

身近なデータの読み方

篠原拓也 / ニッセイ基礎研究所主席研究員

データや数字は日常的に目にするものです。ただ、その読み取り方を知らないと、うまく意味をつかむことができません。統計学などの専門的な知識がなくても、ニュースや広告などを題材にして、データや数字の本質を見抜くポイントを解説します。

連載記事 11件

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「試用期間はどんな期間?」第2新卒24歳が不安なワケ

 A子さん(24)は、4月から従業員数約100人のコンサルティング会社で働き始めました。昨春、大卒後に入社した会社では職場の人間関…

ニッポン金融ウラの裏
 

個人客に助言「独立系投資アドバイザー」の裾野拡大

 独立系の投資アドバイザーである「金融商品仲介業者」が裾野を拡大している。証券会社に属さずに、個人客を相手に助言と証券投資の仲介を…

知ってトクするモバイルライフ
iOS 14.5では右のような画面で同意を取らないとアプリが利用者情報を追跡できなくなる

アップル「iPhone新OS」でプライバシー強化の狙い

 アップルは、近日中に配信するiPhoneのOS(基本ソフト)「iOS 14.5」で、プライバシー保護の機能を強化する。新機能は、…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ダラス都心のケネディ大統領暗殺現場の横に建つJFKメモリアルプラザ(写真は筆者撮影)

米ダラス「ケネディ暗殺メモリアル」なぜ簡素か考えた

 ◇米ダウンタウン編(5) 2017年10月。アメリカのニューヨークとボストンに出向いた帰路に、南部のダラスとニューオーリンズに立…

メディア万華鏡
テレビ朝日が取り下げた「報道ステーション」のウェブCMの一部

報ステCMで考えた「企業の社会的メッセージ」の役割

 「どっかの政治家が『ジェンダー平等』とかって今、スローガン的に掲げてる時点で、何それ、時代遅れって感じ」 こんなセリフが含まれる…