第1シリーズの執筆を担当する金子裕子さん(写真中央)
第1シリーズの執筆を担当する金子裕子さん(写真中央)

 新日本監査法人に2012年、女性経営者のためのネットワーク「Winning Women Network(WWN)」が発足しました。WWNは、ビジネスに関する情報やネットワーキングの場を提供するセミナーやイベントを開催しています。2015年5月末でWWNの登録会員は280人を超えました。

 今回お届けする「キラリと光る経営者への道」シリーズは、WWNの運営を担当する女性公認会計士が、会計士の知識とWWNの経験をもとに、会社経営の基本をわかりやすくひもときます。第1シリーズは、経営者になるために必要なことを4回にわたって解説します。執筆者はWWN代表の公認会計士、金子裕子(かねこ・ひろこ)です。

経営者とサラリーマンはまったく違う

 あなたは、経営者に対してどんなイメージを持っていますか?

 経営者になると、お金がもうかりそう。交際費も使えるし、社長の肩書も自慢できます。上司の顔色をうかがう必要がなく、自分のやりたい仕事ができそうです。さて、本当のところはどうでしょうか。経営者とサラリーマンの違いをまず考えてみましょう。

 学校を卒業して就職しサラリーマンになれば、会社から仕事が与えられます。仕事をしっかりと果たせば毎月の給料がもらえます。一方、経営者は、自社の製品やサービスが売れなければ収入はありません。しかし、製品やサービスが売れれば大きな収入を得ることも可能です。

 経営者になるには、自分でビジネスのアイデア(タネ)を探し、製品やサービスとして提供して事業化し、顧客を見つけて売っていくことが必要です。

 では、次に具体的に経営者になるために必要なStepを考えてみましょう。

問題意識がビジネスの第一歩だ

 経営者になるための第一歩は、ビジネスのアイデア(タネ)を見つけることです。ビジネスのタネはどこにあるのでしょうか? 経営者の多くは、何らかの問題意識や社会的課題を感じ、それを解決するために事業を始めています。

地下鉄の乗り換え便利マップ
地下鉄の乗り換え便利マップ

 「地下鉄の乗り換え便利マップ」を提供する株式会社ナビットの代表取締役・福井泰代(ふくい・やすよ)さんのビジネスのタネは自身の経験でした。1995年の夏、子育て中の主婦であった福井さんは、荷物を持ち子供をベビーカーに乗せて、とある駅のホームで改札口に向かうエスカレーターを探していました。しかし、なかなか見つけられずホームの端から端まで歩いて、ようやく見つけたエスカレーターは何とホームの中央にありました。

 事前にどの車両に乗れば出口や乗り換え口に近いか、エレベーターやエスカレーターやトイレがどこにあるかがわかれば、こうした不便は解消できるという思いから「地下鉄の乗り換え便利マップ」を考案しました。

アイデアを事業化するための情熱と努力

 経営者になるための第二歩は、ビジネスのタネを製品やサービスの形にして事業化することです。製品やサービスを形にするには、多大な情熱と努力が必要です。「乗り換え便利マップ」を作った福井さんは、半年かけて首都圏の250もの地下鉄の駅を一つ一つ降りて、どの車両に乗れば出口や乗り換え口に近いか、エレベーターやエスカレーターやトイレがどこにあるかを調べるという作業を行ったそうです。

「事業の意義」が仲間を集める

 経営者として飛躍するために次に必要なことは、社会的課題の解決のために、この事業が必要であるという「事業の意義」をしっかりと立て、発信することです。これを投資家や取引先等の関係者に理解し共感してもらえれば、投資や取引が拡大する可能性は高まります。

 従業員がこれに共感すれば、仕事にやりがいを見いだして力を発揮します。経営者は「事業の意義」を経営理念等の形にして、投資家や従業員等と共有することが重要です。この点は、次回でさらに詳しく見ていきましょう。

 事業のタネを見つけ事業化するにはさまざまな困難があります。しかし、自分自身で社会的課題を解決するとともに、頑張った成果がストレートに返ってくる経営者という仕事は魅力的かもしれませんね。

 次回のテーマは「ミドリムシベンチャーに学ぶ会社の目的」。6月10日掲載です。お楽しみに!

  ◇    ◇    ◇

WWNから

 Winning Women Network(WWN)は、新日本監査法人が発足させた女性経営者などのためのネットワークです。主に会計・税務・管理に関する情報提供や、金融機関関係者や弁護士等のネットワークの活用により女性経営者を応援します。http://www.shinnihon.or.jp/company-growth/wwn/

「Winning Women 2015」公募のお知らせ

 WWNでは、女性経営者を応援するため、本年から、公募によりエントリーされた女性経営者から5名を「Winning Women 2015」として表彰します。2015年11月12日に開催するWWN3周年フォーラムで表彰し、表彰者がビジネスプランを発表します。http://www.shinnihon.or.jp/services/ipo/company-growth/wwn/ey-winning-women/index.html

金子裕子

金子裕子

公認会計士、新日本監査法人シニアパートナー

1989年太田昭和監査法人(現新日本監査法人)入所。2003~06年、金融庁総務企画局企業開示課に出向し、監査基準の改訂等に携わる。公認会計士試験監査論試験委員(10~14年)などを務める。主な著書(いずれも共著)に 「キラキラ女性経営者を目指す! 会社経営の教科書」(14年)、「こんなときどうする? 引当金の会計実務」(14年)、「連結子会社の決算マニュアル」(13年)。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
手のひらにしっかり収まる「アクオスR2コンパクト」。発売は1月

日本人の好みに応えたシャープ・アクオス小型スマホ

 シャープが、小型スマホの「アクオスR2コンパクト」を開発。ソフトバンクから2019年1月に発売されるほか、SIMフリーモデルとし…

ニッポン金融ウラの裏

NISAに最初の「5年満期」更新しないと非課税消滅

 少額投資非課税制度(NISA)が初めての期間満了を迎える。一定の手続きによって、さらに5年間の非課税期間延長となるが、いま、証券…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…