スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

問題を「上に」丸投げするのが部下の義務

細川義洋 / ITコンサルタント

 第1回でお伝えしたように、プロジェクトマネジャーが、担当する業務の中で発生した問題をすぐに上司に報告しないと、システム開発を担う業者側、つまり自社に大きな損害を与える危険性があります。

 例えば、ある情報システム開発の失敗に関する裁判で、東京地裁が2004年3月10日に出した判決は、次のようなものでした。

 「プロジェクトの失敗は、発注者側が次々に追加したり、変更したりする要件を業者側が拒絶したり、追加見…

この記事は有料記事です。

残り1694文字(全文1897文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。