生活に欠かせなくなったスマートフォン=東京都内で関口純撮影
生活に欠かせなくなったスマートフォン=東京都内で関口純撮影

IT・テクノロジー最適メディアライフ

日本のiPhoneシェアが高いのにはワケがある

北俊一 / 野村総合研究所上席コンサルタント

 ケータイショップや家電量販店の店頭に、今日も「一括ゼロ円」「実質ゼロ円」という文字が躍っている。消費者としては、高価なはずのスマートフォンやタブレット端末がタダで手に入るというのだから、うれしい話である。しかし、世の中そんなにうまい話があるはずがない。少なくとも「一括ゼロ円」と「実質ゼロ円」の違いと、「実質ゼロ円」の意味だけは知っておいた方がよい。

この記事は有料記事です。

残り2077文字(全文2253文字)

北俊一

北俊一

野村総合研究所上席コンサルタント

1965年、横浜市生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。90年株式会社野村総合研究所入社。四半世紀にわたり、情報通信関連領域における調査・コンサルティング業務に従事。専門は、競争戦略、事業戦略、マーケティング戦略立案及び情報通信政策策定支援。総務省情報通信審議会専門委員。