研究チームを引っ張る高橋政代プロジェクトリーダー
研究チームを引っ張る高橋政代プロジェクトリーダー

政治・経済週刊エコノミストから

iPS細胞手術「絶対に世界で一番にやろうと思った」

エコノミスト編集部

高橋政代・プロジェクトリーダーに聞く(1)

 iPS細胞を使った再生医療が2014年9月、世界で初めて行われた。目の病気である加齢黄斑変性の患者に、網膜色素上皮が移植された。研究チームを率いる理化学研究所・多細胞システム形成研究センターの高橋政代・プロジェクトリーダーに聞いた。【エコノミスト編集部・谷口健、黒崎亜弓】

この記事は有料記事です。

残り2063文字(全文2221文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。