日比谷公園で予定を確認する伊藤あゆみさん
日比谷公園で予定を確認する伊藤あゆみさん

スキル・キャリア「学ぶこと働くこと」現代就活模様

「自分を変えたい」女子大生が挑んだ2度の留学

内山勢 / 毎日新聞編集委員

伊藤あゆみさんのケース(1)

 真夏と思えるほど汗ばむ5月下旬、伊藤あゆみさん(23)は、指定した日比谷公園近くの飯野ビル前に、リクルートスーツ姿で現れた。上智大学4年生。就活の真っただ中だ。見せてもらった彼女の手帳は、企業説明会やOB・OG訪問の予定でびっしりだ。

 約束した説明会やOB・OG訪問に遅刻したり、忘れてしまったりするのは、社会人の第一歩としてあってはならない。チェックには余念がないが、一度、うっかり訪問の時間を間違えてしまったことがある。

 「急いでおわびの連絡を入れました。『仕方ないよ。今度から気をつけるように』と優しく対応していただき…

この記事は有料記事です。

残り1342文字(全文1619文字)

内山勢

内山勢

毎日新聞編集委員

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊紙面の「キャンパる」編集長兼編集編成局編集委員兼「教育と新聞」推進本部委員。宇都宮大学客員教授。