家電量販店では、まるでクーポンカードのような形でSIMカードが販売されている。データ通信専用のものなら、レジで支払いをするだけで、契約はオンラインで行える
家電量販店では、まるでクーポンカードのような形でSIMカードが販売されている。データ通信専用のものなら、レジで支払いをするだけで、契約はオンラインで行える

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

格安スマホ乗り換え 音声対応なら「即日カウンター」へ

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 大手通信事業者から回線を借りるMVNOは、割安な料金プランが魅力だ。ただ、契約しようと思っても、どこに行けばいいのか分からない人もいるだろう。全国くまなくショップを展開する大手通信事業者とは異なり、MVNOは無店舗で運営されていることが多いからだ。たとえば、MVNO業者の最大手であるNTTコミュニケーションズや、2位のIIJですら、自社ブランドを掲げたショップは持っていない。テレビのCMなどでサービスを見かけて使ってみたいと思ったら、どうすればいいのか。

 MVNOは、ほぼすべてがネットで契約できる。また、大手家電量販店やレンタルDVDショップなどと提携して、店舗で契約できるケースもある。契約したいサービスが決まっていればネットを見てもいいし、店舗に足を運び、どのようなSIMカードが販売されているのかを確認してもいい。家電量販店では、複数の会社のサービスを扱っていることもある。

「データ通信専用」「音声通話対応」の2プランに大別

 契約の手順は大手通信事業者とだいたい同じ。ただ、サービスの形態によって手続き方法が若干異なる。MVNOは大きく分けて、ネットしか利用できない「データ通信専用プラン」と、通話にも対応した「音声通話対応プラン」の二つがある。

 データ通信専用プランの場合は、手軽に契約できる。家電量販店などでは、SIMカードの入ったパッケージを購入し、すぐ持ち帰りができることが多い。契約には本人確認が必要になるが、SIMカードを手に入れてから、ネットで行うのが一般的だ。こうした作業のことを、「アクティベーション」と呼ぶ。どの料金プランに入るかもアクティベーション時に決めることが可能だ。支払い方法は、クレジットカードを必須にしている会社が多い。

写真のトーンモバイルは、渋谷などTSUTAYAの一角に独自のショップを開設。端末の購入や回線の契約に対応する
写真のトーンモバイルは、渋谷などTSUTAYAの一角に独自のショップを開設。端末の購入や回線の契約に対応する

音声通話対応プランは契約に少々手間

 一方の音声通話対応プランは、データ通信専用プランとは異なり、買ってすぐに契約できないことがある。これは、通話が可能なプランの場合、法律で定められている本人確認を厳しく行わないといけないためだ。

 一般的には、運転免許証など住所が分かる書類のコピーを郵送、もしくはデータとして送付し、SIMカードが郵送されてくるのを待つ必要がある。

 やっかいなのが、番号ポータビリティーで今まで使っていた電話番号を移す場合だ。SIMカードが発送されるのは番号が移ったあとになるため、SIMカードが届くまで電話番号が使えなくなってしまう。一時的だが、仕事にスマートフォンを使っているような人にとっては、致命的だ。

すぐに音声通話をしたい場合は「即日対応カウンター」で

 こうした不便を解消するために、販売店の一部を間借りした「即日対応カウンター」が徐々に増えている。

 一例を挙げると、ビックカメラの一部店舗では、IIJのサービスが契約可能だ。ヤマダ電機にも、U−NEXTの即日対応カウンターが設置されていることがある。また、NTTコミュニケーションズはレンタルDVD大手のゲオと提携しており、「ゲオモバイル」という店舗の一部に即日対応カウンターが設置されている。

家電量販店内に、即日契約可能なカウンターが設けられていることもある。写真は、IIJの「IIJmio」を契約できる「BIC SIMカウンター」のイメージ図。ビックカメラ内にある
家電量販店内に、即日契約可能なカウンターが設けられていることもある。写真は、IIJの「IIJmio」を契約できる「BIC SIMカウンター」のイメージ図。ビックカメラ内にある

 ヨドバシカメラの一部には、複数の会社と契約できるカウンターが設けられている。また、楽天モバイルやトーンモバイルのように、独自のショップを増やすMVNOも増えてきた。すぐに音声通話サービスを使い始めたいときは、対応する店舗をあらかじめ探しておくのが正解といえる。

 端末は、特定の事業者だけでしか使えないSIMロックのかかっていないものを、別途購入する。SIMフリーと呼ばれる端末だ。家電量販店に行けば、複数の端末が販売されているはずだ。また、MVNOによっては、端末と回線をセットで販売していることがある。

手持ちスマホで乗り換える場合は、HPで確認を

 MVNOに回線を貸している大本の通信事業者が販売している端末を持っている人は、それを使う手もある。どの端末が対応しているのか、ホームページ(HP)に掲載しているMVNOは多いので、事前に確認しておくといい。

 ただし、大手通信事業者のように、ショップで手とり足とり教えてもらえることは、あまり期待しない方がいい。こうしたサポートにかかるコストを抑えていることも、安さの理由の一つだからだ。MVNOの利用には、ある程度、自己責任が伴ってくる。

 ここまでの流れを踏まえた上で、次に知っておきたいのが、どういう会社があって、実際にどのような料金プランを選べばいいのかということ。これについては、次の回で解説していく。

 <次回は6月30日に掲載します>

経済プレミア・トップページはこちら

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…