プロバイダー系の最大手、NTTコミュニケーションズが運営する「OCNモバイルONE」。ゲオや大手家電量販店、ネットで購入できる
プロバイダー系の最大手、NTTコミュニケーションズが運営する「OCNモバイルONE」。ゲオや大手家電量販店、ネットで購入できる

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

MVNOは「自分が何を重視しているか」で選べ

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 大手通信会社から回線を借り、「格安スマホ」「格安SIM」と呼ばれるMVNOだが、一体どんな会社が運営しているのか。料金にひかれて契約する前に知っておきたい。

大きく三つに分類されるMVNO

 一般の利用者が契約できるMVNOは、大きく三つのパターンに分類される。一つ目が、もともとインターネット接続事業者(プロバイダー)としてビジネスを行っていた会社が、携帯電話に進出したケース。代表的なのは、NTTコミュニケーションズの「OCN」や、プロバイダーの草分け的な存在である「IIJ」、もともとNECの一部門から独立した「ビッグローブ」、ソニー系列の「ソネット」など。

 これらの会社は、インターネット接続に対するノウハウは持っており、比較的早い時期からMVNOを始めて…

この記事は有料記事です。

残り1567文字(全文1898文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。