マンション・住宅最前線

狙い目マンションが備える「広さ」「生ゴミ」「スロップシンク」

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
プラウドシティ加賀学園通りの完成予想図
プラウドシティ加賀学園通りの完成予想図

 東京の「プラウドシティ加賀学園通り」(東京都板橋区加賀1丁目)▽「グランドメゾン仙川」(同調布市入間町2丁目)▽「プラウドシティ塚口マークフロント」(兵庫県尼崎市上坂部1丁目)……はいずれも、今人気を集めている大規模マンション、そして、三つの共通キーワードを備えるマンションでもある。

住み心地を良くする広さと設備

 三つのキーワードは「平均70平方メートル以上」「ディスポーザー」「スロップシンク」だ。

 「平均70平方メートル以上」とは、住戸の平均専有面積が70平方メートル以上あり、ゆとりある広さのフ…

この記事は有料記事です。

残り1751文字(全文2002文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。